Q&A

【2021年7月最新版】Writing Hacksの評判やメリット・デメリットなどを徹底解説

「ライティングの基礎と極意を学び、高単価の案件が取れるWebライターを目指す」をコンセプトに作られているWriting Hacks。

Writing Hacksを受講して、高単価の案件を受注したりWebライターで独立したりする人も出てきました。

良い評判が多い講座なので、個人的にはおすすめしたいWebライター講座です。

しかし、「そもそもWriting Hacksって何?受講するとどんなメリットがあるの?」「自分に合っている講座なのだろうか」と不安を感じている人もいるかと思います。

そこで今回は

  • Writing Hacksの概要
  • Writing Hacksを受講するメリット・デメリット
  • 受講をおすすめする人とおすすめしない人の特徴

などを具体的に説明します。

他のWebライター講座と比較もするので、ぜひそちらも参考にしてください。

【★当サイト限定特典★】

当サイトからWriting Hacksを受講していただいた方限定で、「71社に営業したからこそ分かる!採用率が高い提案文のテンプレート」をプレゼントさせていただきます!

当サイトから申し込んでくれた方は、私のTwitter(@webwriterkei)
までDMをください!
Writing Hacksをチェックしてみる

目次
  1. Writing Hacksの概要
  2. Writing Hacksの受講をおすすめしたい人の特徴
  3. Writing Hacksの受講をおすすめしない人の特徴
  4. Writing Hacksの使い方
  5. Writing Hacksを受講するメリット
  6. Writing Hacksのデメリット
  7. Writing Hacksと他のライター講座を比較してみた
  8. Writing Hacksを「今」受講すべき理由
  9. Writing HacksのQ&A

Writing Hacksの概要

「そもそもWriting Hacksって何なの?」そう思っている人も多いかと思います。

そのためこの段落では、Writing Hacksの講座内容や料金、そして受講者だけが得られる特典などを説明します。

Writing Hacksとは?

Writing Hacksとは、Webライター向けのオンライン学習講座です。

「ライティングの基礎と極意を学び、高単価の案件が取れるWebライターを目指す」をコンセプトに作られています。

Writing Hacks最大の強みは、サポートが充実していることです。具体的には以下のようなサポートが用意されています。

  • ライティングのプロに質問し放題(無期限・無制限)
  • ライティングのプロに無料で添削してもらえる

そのため、「Webライターという職なんて今日知ったよ」という超初心者さんでも安心してレベルアップ・スキルアップしていけます。

Writing Hacksの料金

Writing Hacksの料金は「¥69,800」です。

この金額を見て「高いな…」と感じた人もいるかと思いますが、少しお待ちください。

確かに、1回で支払う金額としては高いですよね。しかし、長い目で見たらどうでしょうか。

Writing Hacksを1年間使うのであれば1日あたり191円、2年間使うのであれば1日あたり95円で使えます。

1日100円台でプロの技術を盗めるのであれば、かなりお買い得と言えるのではないでしょうか。

80万円以上するWebライター講座もあるので、そのような講座に比べたらWriting Hacksは比較的「安く」作られています。

Webライター講座名 価格(税込)
Webライターオンライン講座 ¥22,000
WEBライティング技能検定講座 ¥32,000
副業の学校 Webライター講座 ¥59,800+月額1,980円
Writing Hacks ¥69,800
Webライティング実践講座 ¥79,000
編集・ライター養成講座 ¥176,000
Oaad Creation ¥858,000

Writing Hacksの講座内容

Writing Hacksの講座内容は以下の通りです。

出典:Writing Hacks

Writing Hacksの講師を紹介

「そもそもWriting Hacksってどんな人が教えてくれるの?」という疑問を抱えている人も多いかと思います。

そのため、講師を紹介します。

沖ケイタさん

出典:Writing Hacks

  • 個人でアフィリエイトサイトを運営して数千万円以上の収益をあげる
  • Twitterのフォロワー数3万人以上(@namakemono0309
  • 現在は自社のサイト運営と平行して、企業のSEO集客をコンサルから記事制作まで一気通貫で請け負っている
  • 学校教育関連メディア月間1万PV→10万PV、トレーニングジムのオウンドメディア月間3万PVから4ヶ月で30万PVに成長させた

原千明さん

出典:Writing Hacks

  • 30名ほどのライターチームでディレクションを経験
  • Twitterのフォロワー数3,000人以上(@qianming_hptw
  • 現在は、サイト改善やメディアの立ち上げ、企業ライターの育成に力を入れている
  • フリーランス・副業関連メディア:新規メディアを弊チームで設計から担当。新規スタート4ヶ月で月間2.4万PVのメディアに成長させた

辻川倖平(ワカジツ)さん

出典:Writing Hacks

  • Twitterのフォロワー数4,000人以上(@wakajitsukohei
  • ディレクターを担当し、月間最大20万PV、売上250万円を達成
  • ディレクターとして月間150~200記事を編集している

Writing Hacksの受講者特典

Writing Hacksには、以下のような受講者特典があります。

「受講後はさようなら」という講座が多い中、「受講後も一緒に頑張ろう!」と関わりをもってくれるのはWriting Hacksならではの魅力ですね。

  • 添削・お仕事発注グループへ招待してもらえる
  • 無料の添削サービスつき
  • Writing Hacks卒業生名簿へ自分の名前を掲載してもらえる
  • 卒業後は、卒業生限定グループに招待してもらえる(仕事を共有してもらえる)
  • 優秀なライターは沖プロに招待される。仕事を優先的に回してもらえる
沖プロとは?
  • 沖ケイタさんが運営している編集プロダクション
  • 研修を3ヶ月みっちり行ったライター、もしくはヘッドハンティングした優秀なライターしか所属できない
  • 法人のメディア運営やコンサル、記事製作などを請け負っている

Writing Hacksをチェックしてみる

Writing Hacksの受講をおすすめしたい人の特徴

Writing Hacksの受講を最もおすすめしたい人は、「最短最速で結果を出したいと思っている人」です。

なぜそう言えるのか、他にはどのような人におすすめなのか、などをこの段落で説明します。

要点まとめ
  • 最短最速で結果を出したいと思っている人
  • サポートを受けながら目標達成に向けて頑張りたい人
  • 仕事が中々受注できずに悩んでいる人
  • 独学に限界を感じている人

最短最速で結果を出したいと思っている人

Writing Hacksは、「最短最速で結果を出したいと思っている人」におすすめです。

なぜなら、Writing Hacksは「地図」のような役割を果たしてくれるからです。

例えば、今から競争をするとしましょう。

競争するのは、「地図を持っているAさん」と「地図を持っていないBさん」の2人です。果たして、どちらが先にゴールするでしょうか。

多くの人は、「Aさん」と答えるかと思います。その理由は、「地図を持っているから」ではないでしょうか。

Webライターでもこれと同じ現象が起こります。

地図(Writing Hacks)を見ながら努力したWebライターと、地図を持たずに自己流で努力したWebライター、1年後に大きく成長しているのは恐らく前者かと思います。

1日100円台でWebライターの地図を入手できるので、「最短最速で結果を出したい」と思っている人はWriting Hacksの購入を検討してみてください。
Writing Hacksをチェックしてみる

サポートを受けながら目標達成に向けて頑張りたい人

Writing Hacksは、「サポートを受けながら目標達成に向けて頑張りたい人」におすすめです。

趣味や遊びであれば気軽に始められますが、仕事をいきなり1人で始めるのは不安ですよね。

その中、サポートしてくれる人が1人でもいれば、非常に心強いかと思います。

Writing Hacksでは、プロライターの沖ケイタさん・原千明さん・辻川倖平(ワカジツ)さんが、あなたをサポートしてくれます。

些細なことでも具体的に返信してくれるので、迷ったり悩んだりしたら遠慮なく講師の方々を頼ってください。

ちなみに、LINEによる質問サポートは「無制限かつ無料」です。

「1ヶ月間しかサポートしません、サポートは有料です」というケチなことはしません。そのため、安心してくださいね。

仕事が中々受注できずに悩んでいる人

Writing Hacksは、「仕事が中々受注できずに悩んでいる人」におすすめです。

駆け出しWebライターだと、中々仕事を受注できませんよね。

「求人に応募してもお祈りメールばかり」そのような経験をしている人も多いかと思います。

しかし、その悩みはWriting Hacksを受講すれば高い確率で解決します。

なぜなら、Writing Hacksでは「仕事の取り方」を教えてくれるからです。

仕事の取り方だけではなく、「クライアントさんから求められるWebライターになる方法」も教えてくれます。

そのため、Writing Hacksを受講すると「仕事を取れるWebライター」になれるだけではなく、「継続依頼されるWebライター」にもなれます。

中々仕事を受注できず悩んでいる人は、ぜひWriting Hacksの受講を検討してみてください。

独学に限界を感じている人

Writing Hacksは、「独学に限界を感じている人」におすすめです。

独学だと、今のやり方が正解なのか分からなくなることもあるかと思います。

それが正しいやり方なのであれば問題ありませんが、間違ったやり方だと「時間と労力」が無駄になります。

「意味のない努力を1年間続けていたとしたら…」考えるだけで怖いですよね。

しかし、Writing Hacksを受講すれば、比較的間違いのない努力をしていけます。

講師の方々にLINEで気軽に質問できるので、正しい道から外れそうになっても講師の方々が引き戻してくれます。

そのため、独学に限界を感じている人は、Writing Hacksの受講を検討してみてください。
Writing Hacksをチェックしてみる

Writing Hacksの受講をおすすめしない人の特徴

すでに知識がある人やお仕事の獲得に困っていない人は、受講しなくてもいいと思います。

この段落では、そのような「Writing Hacksは受講しなくても良い人の特徴」を説明します。

要点まとめ
  • すでに知識がある人
  • お仕事の獲得に困っていない人
  • 時間に余裕がある人
  • 情報の見極めができる人

すでに知識がある人

すでに知識がある人」はWriting Hacksを受講しなくても良いと思います。

Writing Hacksは、「初心者Webライター向け」のオンライン学習講座です。

そのため、文章の知識やSEOの知識などがある程度ある人は、受講しなくても良いと思います。

お仕事の獲得に困っていない人

お仕事の獲得に困っていない人」はWriting Hacksを受講しなくてもいいと思います。

現時点で納得できるほどお仕事を獲得できているなら、恐らく一定以上の実力があるはずです。

そのような人はWriting Hacksではなく、中級者~上級者向けのWebライター講座を受講しましょう。

時間に余裕がある人

時間に余裕がある人」はWriting Hacksを受講しなくてもいいと思います。

なぜなら、多少遠回りしても時間が解決してくれる可能性が高いからです。

例えば、「5年かけて成長する」という目標を掲げている人はわざわざWriting Hacksを購入する必要はありません。

そのため、時間に余裕がある人は、自分のペースでゆっくり上達していきましょう。

情報の見極めができる人

情報の見極めができる人」はWriting Hacksを受講しなくてもいいと思います。

現在は、誰でも情報を発信できる時代です。

非常に良いことではあるのですが、残念ながらそれを悪用する人たちもいます。

情報の見極めができないと、詐欺や犯罪に巻き込まれる恐れがあります。

そのため、自力で勉強していく人は、間違った情報に騙されないよう注意してください。

Writing Hacksの使い方

この段落では、Writing Hacksの効率的な使い方を紹介します。

要点まとめ
  1. 用意されている動画を視聴しよう
  2. 添削課題に挑戦しよう
  3. 実際にWebライターの仕事を受けてみよう
  4. 沖プロに応募してみよう

1.用意されている動画を視聴しよう

Writing Hacksを受講したら、まずは用意されている動画を視聴しましょう。

1動画5~10分で構成されているので、サクサク視聴できます。このとき、余裕があれば「メモ」を取りながら視聴しましょう。

2.添削課題に挑戦しよう

動画をある程度視聴すると、「添削課題」にチャレンジできます。そのため、添削課題に取り組み、それを提出しましょう。

感覚としては「ミニテスト」のようなものです。0点を取ってもやさしく添削してくれるので大丈夫ですよ。気軽にチャレンジしましょう。

3.実際にWebライターの仕事を受けてみよう

「ある程度知識が溜まってきたな」と思ったら、実際にWebライターの仕事を受けてみましょう。

「いきなり仕事を取るのは怖いし不安…」という人も多いかと思いますが、簡単な仕事もあるので過剰に心配する必要はありません。

まずは簡単な仕事にチャレンジしましょう。

ちなみに、仕事の取り方もWriting Hacksが教えてくれます。

そのため、「仕事の取り方が分からない…」という人でも心配する必要はありませんよ。

4.沖プロに応募してみよう

Writing Hacksを全て受講し、卒業すると「沖プロ研修生」への申し込み案内が来ます。

そのため、興味がある人は申し込んでみましょう。しかし、強制ではありません。

沖プロに所属せず自分で仕事を取って、活動していく方法もあります。

基本的に好きな方法を選びましょう。
Writing Hacksをチェックしてみる

Writing Hacksを受講するメリット

LINEで無期限・無制限に質問できたりライターに必要なスキルが全て身についたりと、Writing Hacksにはさまざまなメリットがあります。

この段落では、そのようなWriting Hacksを受講するメリットについて説明します

要点まとめ
  • 疑問点はLINEで質問できる!無期限・無制限なのが魅力
  • 必要な基礎知識を全て学べる!脱初心者ライター
  • ひとつひとつの動画は5分~10分程度!スキマ時間で学習できる
  • カリキュラムが分かりやすい!段階的にスキルアップが望める
  • 計3回の添削を受けられる!丁寧かつ分かりやすい
  • 仕事の受注率を高める方法が分かる!営業で困らない
  • 高単価案件も狙えるようになる!収入アップのカギに
  • 受講生限定でお仕事の紹介がある!競合が少ないから受注しやすい
  • 沖プロに招待してもらえるかも!プロ集団の仲間入り
  • 仲間ができる!紹介でお仕事をもらえることも

疑問点はLINEで質問できる!無期限・無制限なのが魅力

Writing Hacksを受講するメリットは、「LINEで気軽に質問できる」ことです。

現在、サポート機能がついているWebライター講座はたくさんあります。

しかし、サポートの期限や回数には「制限がある」という講座も珍しくありません。

その中、Writing Hacksは「無期限・無制限」でサポートしてくれます。しかもLINEで質問できるので、気軽に質問できます。

そのためWriting Hacksは、「いつでもたくさん質問できるWebライター講座を探している」という人におすすめです。
Writing Hacksをチェックしてみる

必要な基礎知識を全て学べる!脱初心者ライター

Writing Hacksのメリットは、「必要な基礎知識を全て学べる」ことです。

現在、たくさんのWebライター講座があります。しかし、内容が薄い講座もたくさんあります。

「何一つ学べるものがなかった…」そう感じる講座も少なくありません。

しかし、Writing Hacksではタイトルの付け方からSEO知識まで、Webライターなら覚えておきたい基礎知識を全て学ぶことができます。

そのためWriting Hacksは、「基礎知識を完璧に身につけたい」という人におすすめです。

出典:Writing Hacks

ひとつひとつの動画は5分~10分程度!スキマ時間で学習できる

Writing Hacksのメリットは、「ひとつひとつの動画が5分~10分程度で構成されている」ことです。

そのため、ストレスなくサクサクと視聴できます。

また、通勤・通学時間や休憩時間などの隙間時間でも視聴できます。

そのため、Writing Hacksは「隙間時間を有効活用したい」という人におすすめです。

カリキュラムが分かりやすい!段階的にスキルアップが望める

Writing Hacksのメリットは、「カリキュラムが分かりやすい」ことです。

とにかく動画だけが並べられている講座もある中、Writing Hacksはコンテンツが順序立てて並べられています。

そのため、「どれから学べばいいのだろう…」「次はどれを学べばいいのだろう…」と迷うことがありません。

Writing Hacksは「分かりやすい講座を探している人」におすすめです。

計3回の添削を受けられる!丁寧かつ分かりやすい

Writing Hacksのメリットは、「計3回の添削を受けられる」ことです。

添削というのは、実はかなり面倒臭い作業です。

しっかり添削すると、1記事1時間はかかります。

それゆえ、その面倒臭さから添削サービスはつけていない講座も多くあります。

しかし、受講者からすると不安ですよね。

添削してもらえないので、自分は正しく知識を身に付けられているのか分からないかと思います。

その中、Writing Hacksはしっかり添削をしてくれます。

しかも1回だけとケチなことはせず、3回も添削してくれます。もちろん無料です。

そのためWriting Hacksは、「添削サービス付きの講座を探している」という人におすすめです。
Writing Hacksをチェックしてみる

仕事の受注率を高める方法が分かる!営業で困らない

Writing Hacksのメリットは、「仕事の受注率を高める方法が分かる」ことです。

多くのWebライター講座は「文章術」しか教えてくれません。文章術を理解しても仕事が取れなければ意味ありませんよね。

その中、Writing Hacksは仕事の取り方も教えてくれます。また、どうしたら採用される確率が高まるのかも教えてくれます。

そのためWriting Hacksは、「文章術のみならず仕事の獲得方法も知りたい」という人におすすめです。

高単価案件も狙えるようになる!収入アップのカギに

Writing Hacksのメリットは、「高単価案件も狙えるライターになれる」ことです。

現在、Webライターは増え続けています。しかし、「知識がないWebライター」が増え続けている印象です。

正直、知識がないWebライターに単価の高い仕事は回ってきません。

なぜなら、高品質な記事を書いてくれないからです。

基本的に発注者は、「高品質な記事を書いてくれるのであれば単価を上げたい」と考えています。

では、どうすれば高品質な記事を書けるのか、それはWriting Hacksで学べます。

そのためWriting Hacksは、「単価の高い仕事にも挑戦していきたい」という人におすすめです。

受講生限定でお仕事の紹介がある!競合が少ないから受注しやすい

Writing Hacksのメリットは、「受講生限定でお仕事の紹介がある」ことです。

Writing Hacks卒業後は、卒業生限定のチャートワークに招待されます。そこでお仕事が紹介される場合があります。

不定期ではありますが、仕事を獲得できるチャンスなので活用しましょう。

「受講生限定でのお仕事募集」なので、競合が少なく、お仕事を獲得しやすいのもWriting Hacksならではの魅力です。

沖プロに招待してもらえるかも!プロ集団の仲間入り

Writing Hacksのメリットは、「沖プロに招待してもらえる可能性がある」ことです。

沖プロとは、Writing Hacks講師の沖ケイタさんのもとでみっちり3ヶ月修業した人だけが入れるプロのライター集団です。

沖プロにお仕事を大量発注している人もいるので、Webライターで活躍したい人はぜひ目指してください。

仲間ができる!紹介でお仕事をもらえることも

Writing Hacksのメリットは、「仲間ができる」ことです。

講座内での交流はないのですが、Writing Hacks専用のハッシュタグ(#Writing Hacks)が用意されています。

このハッシュタグを使えば、Twitterでは多くの受講者と交流できます。

受講者さんと仲良くなれば、お仕事を紹介してもらえることもあるでしょう。

そのためWriting Hacksは、「Webライター仲間を見つけたい」という人にもおすすめです。

Writing Hacksのデメリット

Writing Hacksにはたくさんのメリットがあります。

しかし、メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。

この段落では、そのデメリットについて説明します。

要点まとめ
  • 金額だけを見たら高い
  • 値上がりする可能性がある
  • オンライン受講なので受講生同士の交流はない
  • 学校のように時間割が組まれているわけではない
  • モチベーション管理は自分で行う必要がある
  • ライティングについてしか学べない

金額だけを見たら高い

Writing Hacksのデメリットは、「金額だけを見たら高い」ことです。

6万円台で購入できますが、即決できる金額ではないですよね。

しかし、このような講座を受講するときは「長い目」で見ることをおすすめします。

例えば、Writing Hacksを1年間使うと仮定しましょう。その場合、1日当たりの受講料は「191円」です。

1日191円でプロの技術を盗めるのであれば、「安い」と感じませんか?

これでも「高い…」と感じる人は、無理に受講する必要はありません。

しかし、「191円くらいなら大丈夫!」という人は、迷わず受講することをおすすめします。

値上がりする可能性がある

Writing Hacksのデメリットは、「値上がりする可能性がある」ことです。

実は、株式会社スキルハックスが出しているHacksシリーズ、他の教材は過去に値上げされています。

具体的には以下の通りです。

講座名 従来の価格 値上げ後の価格 差額
Blog Hacks ¥59,800 ¥99,800 +40,000
Skil Hacks ¥49,800 ¥69,800 +20,000

2~4万円値上げされていることが分かります。

そのため、Writing Hacksも将来的には「¥69,800→¥89,800~109,800」になる可能性があります。

もしかしたら、最も安く買えるのは「今日まで」かもしれません。
Writing Hacksをチェックしてみる

オンライン受講なので受講生同士の交流はない

Writing Hacksのデメリットは、「オンライン受講なので受講生同士の交流がない」ことです。

講座内では交流できないので、他の受講生と交流したい場合はTwitterを使う必要があります。

そのため、学校のように「ワイワイしながら学びたい」という人にはおすすめできません。

学校のように時間割が組まれているわけではない

Writing Hacksのデメリットは、「学校のように時間割が組まれているわけではない」ことです。

講師の方が受講を呼び掛けてくれるわけではないので、自発的な行動が求められます。

そのため、「人に指示されないと動けない」という人にはおすすめできません。

モチベーション管理は自分で行う必要がある

Writing Hacksのデメリットは、「自分でモチベーション管理しなければいけない」ことです。

先ほども説明しましたが、Writing Hacksでは自発的な行動が求められます。

挫折しないよう分かりやすく作られてはいますが、「誰かに管理されていないとモチベーションを維持できない」という人にはおすすめできません。

ライティングについてしか学べない

Writing Hacksのデメリットは、「ライティングについてしか学べない」ことです。

そのため、PVを伸ばす方法やキーワード選定などを学びたい人にはおすすめできません。

ただ、Webライター初心者がいきなりそこまで学ぶ必要はありません。安心してください。

PVを伸ばす方法やキーワード選定などについて学びたい人は、同シリーズの「Blog Hacks」をおすすめします。

Writing Hacksと他のライター講座を比較してみた

Writing Hacksの特徴をいろいろ説明してきましたが、「他の講座とは何が違うの?」と思っている人も多いかと思います。

そのためこの段落では、Writing Hacksと他のライター講座を5つの項目で比較します。

受講期間で比較

まずは「受講期間」で比較します。

講座名 受講期間
Writing Hacks 無制限
編集・ライター養成講座 6ヶ月
Webライティング実践講座 2日間
WEBライティング技能検定講座 6ヶ月
Webライターオンライン講座 3ヶ月

Writing Hacks以外は、受講期間が定められています。

忙しくてもモチベーションが続かなくても、とにかくその期間中に知識を蓄える必要があります。

その点、Writing Hacksは受講期間が定められていません。

そのため、「マイペースに頑張りたい」という人は、Writing Hacksがおすすめです。

講義数で比較

次は「講義数」で比較します。

講座名 講座数
Writing Hacks 77個
編集・ライター養成講座 40個
Webライティング実践講座 6個
WEBライティング技能検定講座 10個
Webライターオンライン講座 12個

講座数を比較した場合、Writing Hacksの講座数が最も多いという結果になりました。

「講座数が多いと見るのが大変なのでは?」と思う人も多いかと思いますが、Writing Hacksは1講座5~10分で構成されています。

そのため、講座数は多いですが、サクサクと視聴できますよ。
Writing Hacksをチェックしてみる

価格で比較

次は「価格」で比較します。

講座名 価格
Writing Hacks ¥69,800
編集・ライター養成講座 ¥160,000
Webライティング実践講座 ¥79,800
WEBライティング技能検定講座 ¥32,000
Webライターオンライン講座 ¥22,000

※価格は予告なく変更される場合があります。詳細はそれぞれの公式サイトをご確認ください。

とにかく安さを求めるのであれば、「WEBライティング技能検定講座」や「Webライターオンライン講座」がおすすめです。

しかし、価格だけで講座を選ぶと失敗する恐れがあるので注意してください。

価格をチェックするのも大切ですが、「内容の充実度」もチェックしてください。

添削の有無で比較

次は「添削の有無」で比較します。

講座名 添削の有無
Writing Hacks 〇(3回まで)
編集・ライター養成講座 〇(4回まで)
Webライティング実践講座 ×
WEBライティング技能検定講座 ×
Webライターオンライン講座 ×

添削サービスがあるのは「Writing Hacks」と「編集・ライター講座」の2つのみでした。

個人的に添削サービスは必要だと思います。

なぜなら、添削してもらわないと、正しい知識を身につけられているのか分からないからです。

そのため、できる限り添削サービスがある講座を受講しましょう。
Writing Hacksをチェックしてみる

お仕事紹介制度の有無で比較

最後は、「お仕事紹介制度の有無」で比較します。

講座名 お仕事紹介制度の有無
Writing Hacks
編集・ライター養成講座 ×
Webライティング実践講座 ×
WEBライティング技能検定講座 ×
Webライターオンライン講座 ×

お仕事紹介制度があるのは「Writing Hacks」のみでした。

Writing Hacksでは、卒業生限定グループや沖プロでお仕事を紹介してもらえる場合があります。

そのため、お仕事紹介目的でWriting Hacksを受講するのも良いでしょう。

Writing Hacksを「今」受講すべき理由

Writing Hacksの特徴を紹介してきましたが、「受講するかどうかは後で決めよう」と考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、個人的には「今」受講することをおすすめします。その理由は、「安く買えるのは今日までかもしれない」からです。

Blog HacksやSkil Hacksなどは、過去に2~4万円値上げされました。しかし、Writing Hacksはまだ値上げされていません。

そのため、今後2~4万円値上げされることが予想されます。

「安いときに受講したい」と考えているのであれば、なるべく早く受講することをおすすめします。
Writing Hacksをチェックしてみる

Writing HacksのQ&A

Writing Hacksに寄せられるよくある質問に回答していきます。

Q.Writing Hacksを受講したら絶対に稼げますか?

A.絶対に稼げるわけではありません。

なぜならWriting Hacksは、「知識を蓄える場所」だからです。

稼ぐのは自分なので、稼げるか否かは「自分の行動次第」です。

しかし、Writing Hacksは「高単価で仕事が取れるライターを目指す」をコンセプトに作られています。

そのため、Writing Hacksをしっかり受講すれば、きっと稼げるようになるでしょう。

少なくとも、受講していない人よりかは早く稼げると思いますよ!
Writing Hacksをチェックしてみる

Q.Writing Hacksを受講しないとWebライターになれませんか?

A.Writing Hacksを受講しなくても、Webライターにはなれます。

個人的に1記事でも作成すれば、Webライターを名乗っても良いと思っています。

しかし、高単価案件が取れるWebライターになれるかどうかは、また別の話です。

高単価案件を取れるWebライターになりたいのであれば、Webライターとして必要な知識を蓄える必要があります。

その手助けをしてくれるのが、Writing Hacksです。

Q.返金してもらえますか?

A.商品の特性上、返金には応じていません。

返品に対応していないとなると、「自分に合っていなかったらどうしよう」と不安を感じてしまう人もいるかと思います。

そのような人は、Writing Hacksの公式サイトを覗いてみてください。

公式サイトには講座の一部が無料で公開されています。(サンプル動画は公式サイトの最下部にあります)

そのため、サンプル動画見て、自分に合っているか否かを判断しましょう。
Writing Hacksの公式サイトはこちら

出典:Writing Hacks

受講しても挫折しそうな場合はどうしたらいいですか?

A.講師の方にLINEで相談してみましょう。

きっと、あなたにあったアドバイスをしてくれますよ。

講座の内容を事前に確認できますか?

A.確認できます。

Writing Hacksは、講座の一部を無料で公開しています。そのため、Writing Hacksの公式サイトを覗いてみてください。

出典:Writing Hacks

Blog HacksとWriting Hacks、どちらがいいですか?

A.Webライターについて学びたいのであれば「Writing Hacks」、ブログ運営について学びたいのであれば「Blog Hacks」をおすすめします。
WritingHacksをチェックしてみる
Blog Hacksをチェックしてみる

添削課題の難易度は高いですか?初心者でもできますか?

A.難易度はそれほど高くありません。

「Webライターという職を今日知った」という超初心者でも問題なくできます。

難易度が高くて難しい場合は、講師の方にLINEしましょう。優しくアドバイスしてくれますよ。

年齢が若くありません…そんな自分でも大丈夫ですか?

A.大丈夫です!

60代でWebライターを始めた人もいます。何をするにしても「遅い」ということはありません。

何より講師の方がサポートしてくれます。そのため、思い切って挑戦しましょう。

Webライターはオワコンと聞きます…受講が無駄になりませんか?

A.無駄にはならないので安心してください。

なぜなら、Webライターはオワコンではないからです。

もし本当にオワコンなら、Webライターという仕事はなくなっています。

ではなぜオワコンという人がいるのか、それは自分の教材を買わせるためです。

例えば、「Webライターはオワコンだよ!こっちの方が稼げるよ!稼ぎたいならこの教材(数十万円)を買ってね!」というイメージです。

このような人は、高い確率で中身が薄っっっすい詐欺みたいな教材を高額で売ってきます(実際に引っかかったことがあります…笑)

そのため、「○○オワコン説」はあまり気にしなくていいと思います。

繰り返しになりますが、本当にオワコンならその仕事はすでになくなっているはずです。

Writing Hacksの内容が古くなることはないのですか?

A.個人的に、古くなることはないと思います。

なぜなら、Writing Hacksでは小手先のテクニックではなく、根幹となる基礎知識を学べるからです。

また、Writing Hacksは日々アップデートされています。実際、2021年2月18日には、以下の内容が無料で追加されました。

  • ライターがブログをやるべき理由
  • おすすめブログサービス・料金
  • 書くジャンルの考え方
  • ソフトスキルとは
  • クライアントの仕事に共感する
  • 普段のやり取りで意識するポイント
  • 構成提出では自分の考えを明確に伝える
  • Twitterをうまく活用する
  • 困っているときこそPRのチャンス
  • 信頼を失うNG行動7選
  • 失敗した時に評価を落とさないリカバリー方法
  • 次に繋がる仕事の断り方

そのため、Writing Hacksは長く活用できるライター講座です。

最近Webライターという職を知った超初心者の自分でも大丈夫ですか?

A.むしろ、超初心者のあなたにこそおすすめです。

なぜなら、まだ文章の変な癖がついていないからです。

私の実体験でもあるのですが、変な癖がつくと直すのに苦労します。そのため、初めから正しい知識を身につけられるのは、むしろ良いことだと思います。

支払い方法は何がありますか?

支払い方法は以下3つです。

  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込

添削は厳しいですか?怖いし不安です…

A.全てを否定されるほど厳しくはありません。

講師の方々は受講生に成長してほしいと思っているはずです。そのため、「甘い添削」ではありません。

だからといって、すべてを否定されるほど厳しい添削でもないので安心してください。

優しく的確な添削をしてくれるので、恐らく添削を受けるのが楽しくなるでしょう。

本業が忙しくなり続けられなくなったらどうすればいいですか?

A.本業が忙しくなった場合は、受講を一旦ストップしましょう。

Writing Hacksは、買い切り型で受講期限が無期限のオンライン講座です。

そのため、受講を一旦ストップしても追加料金を請求されたり強制退会させられたりすることはありません。

受講以外にお金はかかりますか?

A.いいえ。かかりません。安心してください!
Writing Hacksをチェックしてみる