LINEモバイル

格安SIMのメリットとデメリット3種類を分かりやすく徹底解説

こんにちは!ファイナンシャルプランナーでLINEモバイルを愛用しているこうだいです。

この記事を読んでいるあなたは、下記のような疑問や悩みを持ったことはありませんか?

疑問・悩み

・格安SIMのメリットとデメリットに何があるの?

・格安SIMに乗り換えて失敗したくない

・本当に格安SIMはお得なの?

もちろん知識が浅いまま乗り換えたとしても、格安SIMの落とし穴にはまる可能性があり危険です。

そのため、今回の記事ではすでに格安SIMのLINEモバイルを愛用している筆者が、メリットとデメリットを3種類に分けて、格安SIM初心者でも理解してもらえるようにわかりやすくそして具体的に紹介していきます。

この記事でしっかりとメリット・デメリットを把握することで、あなたが格安SIMへ乗り換えた際、失敗したと思う確率は低くなるといえるでしょう。

格安SIMのメリット3種類を徹底解説!

それでは、格安SIMの3種類のメリットを徹底解説していきますね。

料金に関するメリット

料金に関するメリットは、月額料金が安くなる確率が高いことです。

なぜなら、筆者自身も格安SIMへ乗り換えて年間4万円の節約に成功したからです。

ちなみに今は、最初に使った格安SIMよりもさらに安くなると見込んだLINEモバイルへ乗り換えました。(年間55,000円以上の節約を見込んでいます!)

さらに、LINEモバイルのデータによると8割以上の人が安くなったと回答しています。

画像出典:LINEモバイル

ちなみに、筆者が利用しているLINEモバイルでは乗り換えた際に、どのくらい月額料金が安くなるのかシミュレーションができます。

もちろん無料でシミュレーションをができて、約1分で診断が完了するので忙しい方にもおすすめです。実際に筆者がシミュレーションした結果は下記の通りです。

もしも、現在スマホの月額料金を3,000円以上払っているのであれば高確率で安くできるため、一度シミュレーションをしてみることを強くおすすめします。

➡無料でシミュレーションをしてみる!

プランや契約に関するメリット

格安SIMのメリット2種類目は、プランや契約に関することです。細かく分けると3つに分けられるので、それぞれ具体的に説明していきますね。

最低利用期間が短い傾向にある

プランや契約に関するメリット1つ目は、最低利用期間が短い傾向にあることです。なぜなら、最低利用期間は長くても1年間しかないところがほとんどだからです。

実際に大手キャリアとLINEモバイルの最低利用期間を比較してみました。

大手キャリア LINEモバイル(データSIM) LINEモバイル(音声通話SIM
最低利用期間 2年 なし 1年
解約違約金 最大10,000円 0円 最大1,000円

※:データSIM→通話できない、音声通話SIM→通話もできる

大手キャリアは最低利用期間が2年で解約違約金が最大10,000円なのに対して、LINEモバイルは最低利用期間が1年で解約違約金が最大1,000円です。

また、データSIMに関しては最低利用期間なしで解約違約金も0円と発生しません。

ねこくん
ねこくん
LINEモバイルの最低利用期間は大手キャリアの1/2だね!たとえ解約しても、違約金が大手キャリアの1/10なのは安い…!!

月額料金も安くなって最低利用期間も短い、そして解約違約金も大手キャリアの1/10の価格だと心に余裕が持てますよね。

そのため嫌だったら解約すればよいので、乗り換えを検討している人は思い切って乗り換えをしてみても良いでしょう。

プラン内容が基本シンプル

プランや契約に関するメリット2つ目は、プラン内容がシンプルなことです。なぜなら、格安SIMは3ステップでおおまかなプランが決まるからです。

ねこくん
ねこくん
格安SIMは「利用回線」「プラン」「データ通信量」を決めれば、ざっくりと契約内容が決まるんだ!

例えば、大手キャリアだとなんだかプランがごちゃごちゃしていて、何のプランが自分にぴったりなのかよくわからない人もいるのではないでしょうか。

その点、格安SIMは下記の3ステップを踏むことで自分にぴったりなプランの約8割が完成している、といえます。

画像出典:LINEモバイル

上記3つであれば、30秒もあれば選択できるのではないでしょうか?この後は、加えたいオプションを選択して契約完了です。

ちなみに、LINEモバイルで無料シミュレーションをするとAIが自動であなたにぴったりなプランも提示してくれます。

以上のように、格安SIMのプランはシンプルです。そのため、自分にぴったりなプランをストレスなく選択できる、といえるでしょう。

➡自分にぴったりなプランを見つけてみる!

プランの途中変更が可


画像出典:LINEモバイル

プランや契約に関するメリット3つ目は、プランの途中変更ができることです。無料シミュレーションができたとしても、使っているうちに必要なデータ通信量が変わることもありますよね。

ねこくん
ねこくん
使っているうちに容量が足りないな…多すぎるな…と思ってもプランを変えられるから大丈夫!

そんなときに、格安SIMは柔軟にプランの変更ができるのです。特にLINEモバイルは変更できるプランも9つと豊富な特徴があります。

そのため、まずは5~7GBで試してみて、データ容量が余るならデータ容量を減らす、足りないなら増やすと使いながら自分にあうプランを見つけていくもの賢いやり方だと思います。

機能に関するメリット

格安SIM独自の機能があることが3種類目のメリットと言えます。例えば、筆者が使っているLINEモバイルでは「データフリー」といった機能が備わっています。

画像出典:LINEモバイル

データフリーとは、5つのSNS(LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC)のデータ通信消費量が0になる機能です。

例外はあるものの、対象SNSをいくら使ってもデータ通信量は消費されません。

もちろんLINEモバイルだけではなく、他社では通信速度は落ちるがSNS以外の機能も対象な「節約モード」そして、動画も対象な「エンタメフリー・オプション」などがあります。

画像出典:UQモバイル
画像出典:BIGLOBE

以上のように、大手キャリアにはない格安SIMならではの機能があります。格安SIM独自の機能を使うことで、グッと月額料金を下げることも期待できますよ。

今がチャンス!お得になるキャンペーン実施中

➡詳細ページ➡公式サイト

格安SIMのデメリット3種類を徹底解説!

格安SIMのデメリットは主に3種類に分けられます。

実際に筆者が利用して感じた体験談を踏まえながら、徹底解説していきます。

料金に関するデメリット

デメリットの1種類目は、料金に関するデメリットです。細かく分けると2つ挙げられるのでそれぞれ具体的に説明していきますね。

通話料金が高くなる可能性がある

対策方法

LINEの無料通話を使おう!そうすれば、通話料金0円にできる!

料金に関するデメリット1つ目は、通話料金が高くなる場合があることです。なぜなら、格安SIMは完全通話かけ放題のサービスを提供している会社が少ないからです。

では大手キャリアに比べて、どのくらい高くなる可能性があるのか図にしたので下記をご覧ください。

格安SIM(20円/30秒) ドコモ(かけ放題オプション)
通話時間30分 1,200円 1,700円
通話時間60分 2,400円 1,700円
通話時間180分 7,200円 1,700円

通話時間が短いのであれば、大手キャリアの通話かけ放題よりも安いのが分かりました。

ただ、一か月あたり60分ほど通話をするのであれば、大手キャリアのほうが安い結果になりましたね。

ねこくん
ねこくん
大体一ヶ月あたり、45分以上通話をする人は通話料金が大手キャリアの通話定額制よりも高くなってしまうよ!

180分も通話すれば、月々5,500円も差がついてしまいます。

ただ、LINEの無料通話を使えば、通話料金が0円になります。筆者自身もLINEの無料通話を利用しているので、通話料金は基本300円以下に抑えられていますよ。

割引をしている格安SIMが少ない

対策方法

数は少ないが割引を行っている格安SIMを選ぼう!

料金に関するデメリット2つ目は、割引をしている格安SIMが少ないことです。

なぜなら、そもそも料金が安くなっているので、さらに割引をしてしまったら利益が出ないと考えられるからです。

ねこくん
ねこくん
格安SIMは、割引をしていなくても大手キャリアより料金が安い会社がほとんどだよ!

ただ、中には大手キャリアに負けないほどの割引キャンペーンをしている格安SIMもあります。

その中の1つが筆者も利用しているLINEモバイルです。では、実際に、どんな割引キャンペーンを行っているか見てみましょう。

※2019年10月現在のキャンペーンです。時期によっては終了・変更している場合もあります。

月額料金が5ヵ月間半額になったり、スマホ端末の料金が40%以上割り引かれるキャンペーンなどを行っています。

実際に、筆者が契約した場合は「月額料金半年300円キャンペーン」を行っていました。

正直、他社の格安SIMで豊富なキャンペーンを行っているところは少ない傾向にあります。

そのため、格安SIMは割引していなくて損だ、というイメージになっていますが、中には豊富なキャンペーンを行っている格安SIMもあるので心配することはありませんよ。

 

今がチャンス!お得になるキャンペーン実施中

➡詳細ページ➡公式サイト

機能に関するデメリット

デメリットの2種類目は、機能に関するデメリットです。細かく分けると8つ挙げられるのでそれぞれ具体的に説明していきますね。

通信速度が遅い場合がある

対策方法

Wi-Fiを併用しよう!

機能に関するデメリット1つ目は、大手キャリアに比べて通信速度が遅い傾向にあることです。

なぜなら、格安SIMは大手キャリアから通信設備をレンタルしているため、一度に使える容量が少ないからです。

まずは、どのくらいの差があるのか下記をご覧ください。

上3つの線が大手キャリア下2つの線が格安SIMです。通信速度のリアルタイム計測をしているSIMWをみてみると、やはり格安SIMは通信速度が遅い傾向にあります。

ただ、スターティアレイズ株式会社のwebサイトによると、通信速度は5Mbps以上あればストレスなくスマホを使えると言われています。

ねこくん
ねこくん
ストレスなく使えるであろう通信速度=5Mbps以上、と覚えよう!

実際に、格安SIMの通信速度を見てみると基本的には5Mbps以上を超えているのです。

そのため、大手キャリアに比べると通信速度は遅いですが、ストレスなく使える程度の通信速度は出るので心配いりませんよ。

キャリアサービスが使えない

対策方法

対策方法はたくさんあるため心配不要!
(例)
キャリアメールが使えない→フリーメールやLINEを使う

機能に関するデメリット2つ目は、キャリアサービスが使えないことです。

具体的に使えなくなるキャリアサービス

・キャリアメール
・キャリア決済
・au スマートパス
・とく放題
etc…

ただ、数少ないですがキャリア決済に似たような機能を提供している格安SIMもあります。

画像出典:LINEモバイル

詳しい対策方法に関しては、「格安スマホ(SIM)はメールが使えない!?そのデメリットの解決方法とは」で解説しているので、良かったらご覧ください。

格安スマホ(SIM)はメールが使えない!?そのデメリットの解決方法とはこんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。 今回は【格安スマホ(SIM)はメールが使えない!?そのデメリットの解決方法...

LINEのID検索ができない場合がある

対策方法

ID検索以外の方法で友達登録をしよう!もしくは、ID検索が使えるLINEモバイルを利用しよう!

機能に関するデメリット3つ目は、LINEのID検索ができないことです。なぜなら、格安SIMの多くはLINEの年齢認証に対応していないからです。

ただ、LINEモバイルはLINEの年齢認証に対応しているので、ID検索が問題なく使えます。

もちろん、ID検索ができない場合の代用方法もあるので、心配はいりませんよ。

詳しい代用方法は「格安SIMでLINEを使う2つのデメリットを徹底暴露!対策方法は6つ!?」で紹介しているので、良かったらご覧ください。

格安SIMでLINEを使う2つのデメリットを徹底暴露!対策方法は6つ!?こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。 今回は【格安SIMでLINEを使う2つのデメリットを徹底暴露!対策方法は6...

テザリングが使えない場合もある

対策方法

テザリングの可否に関しては端末で左右されることもある!事前に契約先の公式サイトから「動作確認済み端末」かどうか確認しよう!

機能に関するデメリット4つ目は、テザリングが使えない場合があることです。なぜなら、使う回線によってはテザリングを提供していない可能性があるからです。

テザリングとは、スマホ端末をWi-Fiルーターの代わり用して、他端末をインターネットに繋ぐことができる機能を指します。

ただ、テザリングができるかどうかは格安SIMよりも端末に左右されます。

そのため、契約する格安SIMの公式サイトでテザリング使えるかどうか確認しましょう。

完全使い放題ではない

対策方法

完全通話かけ放題にしたいならLINE通話を利用しよう!
データ容量使い放題にしたいならWi-Fiを併用しよう!

機能に関するデメリット5つ目は、完全使い放題ではないことです。なぜなら、なにかしらの制限があるからです。

例えば、大手キャリアには「通話かけ放題」のオプションがあります。基本的に、通話時間・回数は無制限で通話ができますよね。

ねこくん
ねこくん
○○し放題って聞いたら普通はいくら使っても追加でお金はかからない、と思うよね!

もちろん、格安SIMにも「通話かけ放題」のオプションがあります。ただ、格安SIMに関しては「〇分まで」「○回まで」と制限がある場合が多い傾向にあるのです。

また、格安SIMには「データ無制限プラン」というのもあるのですが、短期間で一定容量を消費すると通信制限がかかります。

画像出典:LINEモバイル
画像出典:UQモバイル

以上のように、通話に関してもデータ通信量に関しても確かにかけ放題・使いたい放題ではあるものの、時間や回数、そして容量が完全無制限ではないことを覚えておきましょう。

安全な公共無線Wi-Fiが使えない場合もある

対策方法

セキュリティが強い公共無線Wi-Fiを提供している格安SIMを選ぼう!

機能に関するデメリット6つ目は、安全な公共無線Wi-Fiが使えない場合もあることです。

なぜなら、格安SIM独自の公共無線Wi-Fiを提供している会社が少ない傾向にあるからです。

大手キャリアでは「0000docomo」や「001Softbank」などキャリア独自の公共無線Wi-Fiを提供しています。

ねこくん
ねこくん
格安SIMは独自の公共無線Wi-Fiを提供しているところが少ないんだ…

独自の公共無線Wi-Fiは誰でも使える無料の公共無線Wi-Fiよりもセキュリティが強い傾向にあるのです。

しかし、格安SIMは独自の公共無線Wi-Fiを提供している会社は多くありません。ただ、中には独自の公共無線Wi-Fiを提供している格安SIMもあります。

画像出典:LINEモバイル

それが、LINEモバイルです。LINEモバイルは、オプションに加入すると全国に49,000ヵ所あるセキュリティが強い公共無線Wi-Fiに接続できます。

以上のように、高セキュリティのWi-Fiを提供している格安SIMを選ぶことで、比較的安心してスマホをWi-Fiに接続できるといえるでしょう。

通話ができない期間が出る場合もある

対策方法

即日開通ができる格安SIMを選ぼう!

機能に関するデメリット7つ目は、通話ができない期間が発生する可能性があることです。もしも、電話番号を引き継ぐ際は注意してください。

基本的に、電話番号引継ぎ手続きから新しいSIMが手元に届くまで2~3日ほどかかります。

その2日~3日間は通話ができなくなってしまうのです。

LINEモバイルのように「即日開通」できる格安SIMであれば、問題ない場合が多いですが、即日開通できない格安SIMを選ぶ際は注意しましょう。

初期設定は自分で行わなければいけない

機能に関するデメリット8つ目は、初期設定を自分で行う必要があることです。ただ、初期設定をいっても簡単に10分程度で終わるので心配いりませんよ。

大手キャリアだとショップの定員さんが行ってくれるため、初期設定なんかやったことないよ、という人も多いでしょう。

ただ「格安SIMが届いたら行うべき初期設定を解説!10分2ステップで終わる!」で誰でもできるように解説しているため、問題ありません。

格安SIMが届いたら行うべき初期設定を解説!10分2ステップで終わる!こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。 今回は【格安SIMが届いたら行うべき初期設定を解説!10分2ステップで終わ...

サービスに関するデメリット

最後のデメリットはサービスに関することです。細かく分けると、4つに分けられますのでそれぞれ具体的に説明していきますね。

一部プランが変更できない場合がある

対策方法

事前に「変更できるプラン」「変更できないプラン」を把握しておこう!

サービスに関するデメリット1つ目は、一部プランの変更ができないことです。LINEモバイルで説明すると「データSIM」→「音声通話SIM」と異なるプラン間での変更ができません。

パターン① パターン② パターン③ パターン④
変更前のプラン 音声通話SIM データ無制限 データSIM(1GB) 音声通話SIM(7GB)
変更後のプラン データSIM 音声通話SIM データSIM(3GB) 音声通話SIM(3GB)
変更できる?できない? × ×

そのため、最初は通話ができないデータSIMで契約していたが、通話も必要になったから音声通話SIMに変えようと思っても変更できないので、注意してくださいね。

ただ、「音声通話SIM 3GB」→「音声通話SIM 5GB」のように同じプラン間では、変更ができるので心配いりませんよ。

クレジットカード払いしか対応していない場合がある

対策方法

プリペイドカードや口座引き落としにも対応している格安SIMを利用しよう!

サービスに関するデメリット2つ目は、クレジットカード払いしか対応していない場合があることです。

理由はほかにもあると思いますが、中でも料金の未払いリスクを低くするためと言われています。

そのため、基本的にはクレジットカードがないと格安SIMを契約できません。

ねこくん
ねこくん
筆者自身、クレジットカードなしで格安SIMを使っているからクレジットカードを持っていなくても諦める必要はないよ!

ただ、中には口座引き落としやプリペイドカード払いにも対応している格安SIMがあります。

LINEモバイルは独自に発行しているプリペイドカード、LINE payカード払いにも対応しています。

実際に筆者もクレジットカードよりもポイントが貯まると期待できる、LINE payカードで支払いをしているのでLINEモバイルはおすすめですよ。

今がチャンス!お得になるキャンペーン実施中

➡詳細ページ➡公式サイト

すべての端末が使えるわけではない

対策方法

契約先の公式サイトの「動作確認済み端末」から使えるかどうか確認してみよう!

サービスに関するデメリット3つ目は、すべての端末が使えるわけではないことです。では、使える端末はどうやって判断すればいいの?と思う人もいるでしょう。

基本的に契約する格安SIMの公式サイトに載っている「動作確認済み端末」から確認ができます。

画像出典:LINEモバイル

よっぽど古いスマホでなければ、ほぼすべての端末で利用できますが、万が一使えない場合もあるので一応確認しておきましょう。

アフターケアやサポートの質が少し劣る場合もある

対策

サポートが充実している格安SIMを選ぼう!

サービスに関するデメリット4つ目は、アフターケアやサポートの質が劣る場合もあることです。

格安SIMはとにかく安く提供できるために、実店舗や人件費もカットしています。

そのため、1人1人のサポートが追いつかない場合も考えられます。

ねこくん
ねこくん
大手キャリアに比べて格安SIM会社はサポートセンターの人数が少ないと考えられるよ!

サポートの質が悪いというよりは、サポートできる人数が少なく対応に困っている、という表現が正しいでしょうか。

ただ、筆者が使っているLINEモバイルは2年連続で利用サポート部門「優秀賞」を受賞しています。

筆者自身もなんどか質問をしたことがあるのですが、LINEのトーク画面から気軽に質問できるのでとても使いやすいですよ。

そのため、サポートがしっかりしている格安SIMがいいという方はLINEモバイルがおすすめです。

今がチャンス!お得になるキャンペーン実施中

➡詳細ページ➡公式サイト

あわせて読みたい