格安SIMハウツー

体験談!格安スマホに乗り換える際必ず確認しておきたい5つの注意点とは

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。

今回は、【格安スマホに乗り換える際必ず確認しておきたい5つの注意点とは】というテーマでお話をしていきます。

突然ですがあなたは、格安スマホに乗り換えようと思っているけど確認しておくべきことはないのかな?損をせずに乗り換えをしたいな、と思ったことはありませんか?

そのような悩みを解決するのが、今回紹介する「乗り換え前に必ず確認しておきたい5つの注意点」です。

格安スマホ愛用者の筆者が包み隠さず紹介するので、この記事を読んだあなたは乗り換え時の確認事項をしっかりと理解した、乗り換えの達人になっていることでしょう。

記事を読むとわかること

・格安スマホへ乗り換える前に必ず確認しておきたい5つの注意点

格安スマホとは?魅力と注意点も紹介!

始めに、格安スマホの概要や魅力、そして注意点をそれぞれ具体的に説明していきます。

格安スマホとは

格安スマホとは、docomoやソフトバンクなどの大手キャリアに比べて、月々のスマホ料金を安くできるスマホのことを指します。

実際に筆者は格安スマホに変えてから、年間約4万円を節約できています。

もしも、家族4人の家庭がみんな格安スマホに変えたら年間約16万円も節約できる計算になりますね。

同じような言葉で格安SIMがありますが、細かい違いはあるものの、一般的な意味合いで大きな違いはありません。

簡潔に違いを説明すると、格安SIM提供会社が提供するSIMカードのことを格安SIM、スマホ端末+格安SIMカードのセットで格安スマホと呼びます。

年間数万円を簡単に節約できることでも有名なので、ぜひあなたにぴったりの格安スマホを見つけてみましょう。

格安スマホの魅力と注意点

格安スマホ魅力と注意点はそれぞれ3つずつ挙げられます。

まず、格安スマホの魅力は「月々のスマホ料金を安い」「オプションの取り付けが自由」「大手キャリアよりも比較的最低利用期間が短い」の3つです。

やはり一番の魅力は、筆者自身年間約4万円も節約できた月々のスマホ料金が安くできることです。

また、大手キャリアではほぼ強制的にさまざまなオプションが付けられているので、格安スマホは本当に必要なオプションだけを付けられるのも大きな魅力です。

そして、最低利用期間も楽天モバイルのように1年間だったりmineoのように0ヵ月だったりする格安スマホ提供会社もあるので魅力的です。

反対に、格安スマホの注意点は「通信速度が若干遅い」「キャリアメールが使えない」「通話代が有料になる」の3つです。

しかし、筆者自身特に不便に思ったことはないので、さほど注意点については気にする必要はないでしょう。

格安スマホを乗り換え前に確認しておきたい5つのポイント

格安スマホに乗り換え・買い替えする前に知っておきたいポイントは主に5つあります。

通話はする?しない?

買い替え・乗り換え前に確認しておきたい1つ目のポイントは、お使いのスマホで通話をするどうかです。

格安SIMには音声通話付きSIMとデータ通信のみのSIMと2種類に分かれます。

実は、データ通信のみのSIMでは音声通話ができません。

そのため、通話も利用したいと思っている人は音声通話付きSIM、ネット閲覧や動画視聴専用にする、と思っている人はデータ通信のみのSIMを選択すると良いでしょう。

スマホごと買い替える?SIMだけ購入する?

買い替え・乗り換え前に確認しておきたい2つ目のポイントは、スマホごと買い替えるのか?格安SIMだけ購入するのか?です。

もしも、スマホごと買い替えようと思っているなら特に問題ありません。

しかし、現在使っているスマホを格安スマホとして利用したいと思っているなら、SIMロック解除をする必要があるので注意が必要です。

基本的に、SIMは特定のキャリアのみを使えるようにするためSIMロックを行います。

そのため、SIMロック解除をしないと他キャリアを利用することができないのです。

そのため、現在のスマホをそのまま格安スマホにする場合は、SIMロック解除を必ず行う様にしましょう。

現在準備中ですが、SIMロック解除の手順も別記事でご紹介致します。

SIMのサイズは間違っていない?

買い替え・乗り換え前に確認しておきたい3つ目のポイントは、SIMだけを買うならサイズは間違っていないかどうかです。

SIMといっても大きさが3種類存在します。

主に、miniSIM、microSIM、nanoSIMの3種類です。

基本的には、iPhoneやandroid端末によってSIMのサイズが異なるため、注意が必要です。

そのため、現在利用しているスマホを格安スマホにしようと考えて、SIMのみを購入する場合は特に注意しましましょう。

SIMサイズを知る方法は、スマホ端末の取扱説明書や格安スマホ提供会社の公式サイトにてSIMのサイズを確認すると分かります。

仮に、SIMのサイズを間違えてしまうとスマホが正常に利用できないと同時に、SIM変更手数料として約3,000円ほど取られてしまいます。

そのため、やや手間ではありますがSIMのサイズ確認は必須と言えるでしょう。

データ通信量は足りている?

買い替え・乗り換え前に確認しておきたい4つ目のポイントは、必要なデータ通信量は足りているかどうかです。

データ通信量とは、動画視聴やwebサイト閲覧などを行う時に必要となっている通信量のことです。

例えば、3GBプランだったり10GBプランなどと言われているGBというのが、容量の大きさを指します。

もちろん、容量の数字が大きければ大きいほど良いのですが、比例して値段も高くなっていきます。

そのため、なるべく自分に必要な容量のプランで格安スマホを契約すると無駄なく利用できます。

なので、今自分がどのくらいのデータ通信量を使っているのか把握することが大切です。

利用機種によりますが、設定→モバイルデータ通信という項目を見ることで、1か月あたりどのくらいのGBを消費しているのか一目で分かります。

通信速度に安定している?

買い替え・乗り換え前に確認しておきたい5つ目のポイントは、通信速度は安定しているかどうかです。

一般的には、通信速度は速いか遅いかに目を奪われがちですが、通信速度の安定感にも目を向ける必要があります。

例えば、通信速度が高速!っと表現されていても、それが夜中のほとんど人がスマホを利用していない時間帯の通信速度だったらどうでしょうか。

もちろん、夜にスマホを利用する方だったら良いかもしれませんが、日中にスマホを利用する人にとっては通信速度が高速!の意味合いが違ってきますよね。

実際に最高スピードの通信速度と平均値の間に大きな差が生じてしまう格安スマホも存在します。

端末のスペック等も関係してくるので、一概にどれが悪いとは言えませんが通信速度の安定感にも目を向ける必要はあると言えるでしょう。

ちなみに、筆者自身もつかっているUQモバイルは通信速度も安定していて料金も安いので、特におすすめですよ。

5つの注意点を確認すれば安心!実際に格安スマホにしてみよう!

格安スマホに乗り換える際に必ず確認しておきたい5つのポイントをご紹介しました。

おさらいをすると「通話はするか?」「端末ごと買い替えるのか?」「SIMのサイズはあっているか?」「データ通信量は足りているか?」「通信速度は安定しているか?」の5つでしたね。

注意点5つを確認したら、さっそく格安スマホに乗り換えてみましょう。

あわせて読みたい