格安SIMハウツー

格安SIMにして後悔するパターンは7つ!ただ満足している人は9割以上!

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。

今回は【格安SIMにして後悔するパターンは7つ!ただ満足している人は9割以上!】をテーマにお話ししていきます。

もしかしたらあなたは、格安SIMに乗り換えるつもりだけど後悔しないかな?実際に契約した人で後悔している人はいないの?と思ったことはありませんか?

結論から言いますと、筆者が格安SIMを使っていますが、契約当初は慣れなくて後悔したことがあります。ただ、些細なことだったので1ヵ月もしないうちに慣れて、今は格安SIMにして、正解だったと思っています。

それでは、後悔するパターンはどんなものがあるのかを含めながら、実際どのくらいの人が後悔しているのか、後悔しないための選び方などを徹底解説していきますね。

格安SIMにして後悔するときのパターンは7つある

それでは、筆者の体験談も含めながら格安SIMにしたときの後悔するパターンを紹介していきます。

実際に、どんな後悔をしたのか正直に話しますので、あなたはぜひ注意点として覚えておいてくださいね。

料金だけで選んでしまった

後悔するパターン1つ目は、料金だけで選んでしまうことです。

格安SIMには「データSIM」と「音声通話SIM」の2種類があります。

実は、データSIMだと料金は安いのですが通話ができないんですね。

そのため筆者は、料金だけを重視して一度データSIMを契約したことがあります。

通話ができなかったのでとても焦りましたね。

他には、料金だけで選ぶとサポート面が雑だったり、極端に通信速度が遅かったりします。

UQモバイルやLINEモバイルのように有名な格安SIMを選べば、問題はないと思いますが有名ではない格安SIMだと雑な部分があるそうです。

以上の理由から、料金だけで選ぶのは避けたほうが望ましいでしょう。

通信速度が遅いのに慣れない

後悔するパターン2つ目は、通信速度が遅いのに最初は慣れないことです。

大手キャリアだと通信速度が速いので問題なく使えますよね。

しかし、格安SIMはお昼や通勤時間など多くの人がスマホを使うであろう時間帯は通信速度が遅くなる傾向にあります。

そのため、最初は失敗したな、と思いました。

しかし通信速度が遅くなると言ってもストレスが溜まるほど、遅いわけではありません。

そのため、慣れると別に気にしなくなります。

なので、最初は少し遅いな、と感じるかもしれませんが使っているうちになれるので心配はいりませんよ。

スマホが格安SIMに対応していない

後悔するパターン3つ目は、スマホが格安SIMに対応していないことです。

実はすべてのスマホが格安SIMに対応しているわけではありません。

契約先の格安SIMの「動作確認機種」という欄に名前が書いてあるスマホしか使えない場合があるのです。

そのため、乗り換える際は、一度動作確認機種を確認してから乗り換えるようにしましょう。

最低利用期間なしの罠にハマってしまった

後悔するパターン4つ目は、最低利用期間なしの罠にハマってしまうことです。

格安SIMでは、最低利用期間がないところも存在します。

しかし、最低利用期間がない代わりにMNP手数料が高くつく可能性があるのです。

MNPとは電話番号を乗り換え先でも引き続き使えるようにする制度のことを指します。

通常は3,000円程度でできるのですが、中には10,000円以上かかる会社もあるのです。

そのため、最低利用期間の格安SIMを使う時はなにか弊害がないのか、を確認するようにしましょう。

通話料金が高額になった

後悔するパターン5つ目は、通話料金が高額になったことです。

大手キャリアでは時間・回数無制限で通話がかけ放題、というところが多い傾向にあります。

しかし、格安SIMでは基本的に時間・回数無制限のかけ放題を提供しているところはY!mobileしかありません

その他は、オプションをつけないと20円/30秒の通話料金がかかります。

そのため、何も知らずに長電話をすると、想像以上の電話料金になる可能性があります。

そのため、通話をメインで使う人は時間・回数無制限かけ放題があるY!mobileを選ぶようにしましょう。

いろいろ使えない機能があった

後悔するパターン6つ目は、いろいろ使えない機能があることです。

例えば、LINEのID検索ができない、キャリアメールが使えない、などが挙げられます。

正直どれも対策方法あるので、困ることありません。

ただ、大手キャリアで使えていた機能が使えなくなるので戸惑う人もいるでしょう。

詳しくは「【危険】格安スマホに潜む落とし穴は4項目!?対策方法も徹底解説」に書いているので良かったら参考にしてみてください。

【危険】格安スマホに潜む落とし穴は4項目!?対策方法も徹底解説こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。 今回は、格安スマホに潜む4つの落とし穴とその対策方法についてお話をしていき...

機種代金の割引がなく高く感じた

後悔するパターン7つ目は、機種代金の割引がなく高く感じることです。

なぜなら、格安SIMは機種代金の割引を基本的に行っていないからです。

よく大手キャリアでは機種代半額キャンペーンや実質0円キャンペーンなどを行っていますよね。

そのため、機種=安く買えるというイメージになりつつあります。

その結果、定価は変わらないのですが割引を行っていない格安SIMでスマホ端末を買うと、高いと感じる場合もあります。

ただ、これから先数年間使っていくのであれば、格安SIMのほうが安くなります。

そのため、特別心配する必要はありませんよ。

実際に計算してみましたので下記を参考にしてみてください。

大手キャリアは端末料金半額キャンペーン適用、月額料金はある調査結果の平均額7,000円と仮定して計算します。

格安SIM(筆者自身) 大手キャリア
端末代金(10万円の場合) 10万円 5万円(半額キャンペーン適用の場合)
月額料金 1,980円 7,000
年間合計額 約12万3千円 約13万4千円

格安SIMにして後悔した人よりも満足している人のほうが多い

先ほどまで、格安SIMを購入した際に考えられる後悔のパターンを紹介してきました。

ただ、格安SIMに乗り換えて満足している人は多い傾向にあります。

下記の図をご覧ください。

出典:スマホ比較のすまっぴー

すまっぴーの調査によると、なんと97%の人が格安SIMへ乗り換えて良かった、と回答しています。

また、格安SIMを使っていてもストレスを感じない、という人は69%もいます。

筆者自身も格安SIMに乗り換えて正解だった、と思っているので共感できる調査結果ですね。

たしかに、乗り換えて間もないと大手キャリアとの違いに違和感を感じることがあります。

しかし、使っていればすぐになれるので、もしも乗り換えを悩んでいる人は思い切って乗り換えてみましょう。

それでも心配な人は、無料でできる料金等のシミュレーションからおこなっても良いですね。

格安SIMを後悔しないための選び方

格安SIMを後悔しないように選ぶ方法は最低限、料金と通信速度はきにして選ぶようにしましょう。

料金面と通信速度だけ納得するものを選べば、あとはほぼ対策があるので何とかなります。

ただ、料金と通信速度だけは乗り換えた後でもなんとかなる、という訳ではないので注意が必要ですね。

料金と通信速度に関しては「【本音】格安スマホを料金と速度別に徹底比較!一番お得なのは一体どれ?」で詳しく説明しています。

よかったら参考にしてみてくださいね。

https://nekokapi.com/cheap-sim/cheap-smartphone-comparison-charge-speed

後悔を恐れず思い切って格安SIMを利用してみよう

調査結果を見てもらったらわかるように、ほとんどの人が後悔をしていません。

しかし、乗り換えるまではどうしても不安ですよね。

そのため、まずはどのくらいにお得になるのか、と無料のシミュレーションから行ってみると良いでしょう。

筆者も格安SIMは自信をもっておすすめできるので、ぜひお気に入りの格安SIMを見つけてみてくださいね。

あわせて読みたい