格安SIMハウツー

格安SIM特有のエンタメフリーには2つの落とし穴があるって本当!?

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。

今回は【格安SIM特有のエンタメフリーには2つの落とし穴があるって本当!?】をテーマにお話ししていきます。

もしかしたらあなたは、エンタメフリーってどんなサービスがお得に使えるの?注意点はないの?と思ったことはありませんか?

もちろん良い点もあるのですが、実は意外と知られていない落とし穴も存在します。

それでは、どんな落とし穴があるのかを含めながら、エンタメフリーのメリットとデメリットなども徹底解説していきますね。

一部の格安SIMで使えるエンタメフリーとは?

エンタメフリーとは、動画や音楽などを対象に一部のデータ通信量をカウントしない、というサービスです。

例えば、格安SIMのBIGLOBEはYouTubeやapple Musicなどをデータ通信量消費をカウントフリーにするエンタメフリー・オプションというサービスを提供しています。

格安SIMにすると、どうしても大手キャリアに比べて使えるデータ通信量が減ってしまいます。

そのため、できる限り利用者の負担を減らすためにさまざまな格安SIM提供事業者がカウントフリーサービスを用意しています。

では、今回はエンタメフリー・オプションに焦点をあてて、どんなものが対象になるのか、メリットデメリットは何かなどを次の段落から具体的に説明していきます。

格安SIMのエンタメフリーオプションで対象となるもの

まずは、エンタメフリーオプションはどんなものが対象なのか説明していきます。

表にまとめてみましたので、下記をご覧ください

対象となるもの
動画 ・YouTube(kidsも含む)

・AbemaTV

・U-NEXT

音楽 Google play Music

・YouTube Music

・apple Music

・LINE Music

・Amazon Music

・dヒッツ

・AWA

※その他多数

電子書籍 dマガジン

・dブック

SNS ・Facebook Messenger

YouTubeを初めapple Musicなど比較的利用者が多いアプリのデータ通信量がカウントフリーになるのは嬉しいですよね。

他には、電子書籍やSNSなどもカウントフリーの対象になります。

BIGLOBEの公式サイトによると、1日1時間YouTubeを見ると1ヵ月あたり約7GBのデータ通信量が消費されるらしいです。

また、高音質で1日2時間音楽を聴いた場合、1ヵ月で約5GBも消費されるといわれています。

そのため、1日1時間YouTubeをみて、高音質の音楽を1日2時間聞く人は、1ヵ月で約12GBも節約できてしまいます。

BIGLOBEで12GBプランを申し込んだ場合、月額3,400円かかります。

そのため、エンタメフリーオプションのおかげで、単純計算で年間約4万円ほど節約できる計算になりますね。

格安SIMのエンタメフリーオプションで対象外の物

次は、エンタメフリーオプション対象外の機能を説明していきます。

エンタメフリーオプションといっても対象のものと対象外のものが細かく分けられているので把握しておきましょう。

それでは、下記の図をご覧ください

主に動画のアップロードやダウンロードなどがカントフリーの対象外となります。

そのため、なるべく各アプリ上で視聴するようにするのが望ましいでしょう。

格安SIMで利用するエンタメフリーオプションのメリットとは

エンタメフリーオプションのメリットは主に2つあります。

まず1つ目はなんといっても、動画や音楽、電子書籍などのデータ通信量消費がカウントフリーになることです。

2つ目は、デザリングを使っている場合もカウントフリーになることです。

例えば、BIGLOBEの格安SIMを使っているスマホからタブレッドにデザリングを飛ばしたとしましょう。

そして、タブレッドでYouTubeを見ます。このような場合も、実はカウントフリーが適用されるのです。

そのため、小さなお子さんには大きな画面で見せてあげたい、という場合に有効といえます。

以上の理由から、エンタメフリーオプションのメリットはカウントフリーになること、デザリングを使っているときも適用になることの2つと言えるでしょう。

格安SIMで利用するエンタメフリーオプションのデメリットとは

エンタメフリーオプションのデメリットは主に2つ挙げられます。

1つ目は、カウントフリーにならない対象外の物があることです。2つ目は、快適に見れないと考えられる時間帯があることです。

少し前の段落で説明したように、動画のアップデートやダウンロードはエンタメフリーオプションの対象外です。

そのため、知らず使っていたらデータ通信量の上限に達した、という場合も考えられますので注意しましょう。

また、お昼時や通勤・帰宅ラッシュ時間は快適に見れない可能性があります。

なぜなら、電波が混雑して通信速度が遅くなりやすいからです。

以上の理由から、エンタメフリーオプションのデメリットは対象外のものある、快適に見れないと考えられる時間帯があること、といえるでしょう。

カウントフリー系のメリットとデメリットとは

補足ではありますが、カウントフリー系に全般に共通するメリットとデメリットを紹介していきます。

表にまとめたので、下記をご覧ください。

カウントフリー全般
メリット データ通信制限を気にせずに対象のサービスを利用できる

・カウントフリーがオプションだとしても安い(数百円程度)

デメリット カウントフリーの対象ではない機能が若干複雑

・通常回線を利用するよりも通信速度が遅い傾向にある

一般的にカウントフリー系はデータ通信量を気にせず使えるメリットがあります。

ただ、どうしても通信速度は遅くなりやすい傾向にあるのです。

しかし、筆者もカウントフリー機能が備わっている格安SIMを使っているのですが、特に不便に思ったことはありません。

なので、デメリットのほうはあくまでも注意点程度で抑えておいても良いでしょう。

代表的なカウントフリーの格安SIM一覧

今回はエンタメフリーオプションに焦点を当てて説明をしてきました。

ただ、他にもカウントフリー機能が備わっている格安SIMも存在します。

カウントフリーが備わっている格安SIMを一覧にしてみたので、ぜひ参考にしてみてください

対象のカウントフリーサービス
BIGLOBE 動画や音楽、電子書籍
LINEモバイル SNS(LINEやTwitter、Instagram、Facebook、LINE Music)

※プランによって異なる

Links Mate ゲームアプリ

※完全カウントフリーではない

あわせて読みたい