格安SIMハウツー

格安スマホ(SIM)はメールが使えない!?そのデメリットの解決方法とは

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。

今回は【格安スマホ(SIM)はメールが使えない!?そのデメリットの解決方法とは】をテーマにお話ししていきます。

もしかしたらあなたは、格安スマホ(SIM)でメールが使えないって本当!?対策方法はないの?と思ったことはありませんか?

実は、格安スマホ(SIM)ではキャリアメールが使えなくなりますが、ほぼ問題がありません。そして、対策方法も4つあります。

それでは、なぜ格安スマホ(SIM)ではキャリアメールが使えないのか、と踏まえながら対策方法を徹底解説していきます。

格安スマホではキャリアメールが使えないデメリットがある!

実は、格安スマホ(SIM)ではキャリアメールが使えない、というデメリットがあります。

キャリアメールとはドコモやソフトバンクなどの大手キャリアが発行しているメール(@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp)のことです。

大手キャリアでは、キャリアメールが当たり前のように使えますよね。

そのため、格安スマホ(SIM)に乗り換え・買い替えを行う際はあまり気づかないようなところなので注意しましょう。

ただ、キャリアメールが使えないと言ってもほぼ問題ありません

実際、筆者も仕事用とプライベート用に格安スマホ(SIM)を利用していますが、キャリアメールが使えなくて困ったことは一度もありません。

なので、たとえキャリアメールが使えなくなっても代用できるものがたくさんあるので、極端に心配する必要はありませんよ。

格安スマホでキャリアメールを使う2つのメリットとは

初めに、キャリアメールを使うメリットですが「信頼性がある」「迷惑メールになりにくい」の2つが挙げられます。

それでは、各2つのメリットを具体的に説明していきます。

信頼性がある

キャリアメールを使うメリットの1つ目は、信頼性があることです。

これは正直、人それぞれ考えが分かれることだと考えられます。

ただ、キャリアメールはフリーメールに比べて1人1つしか持てません。

そのため、基本的には同じようなメールアドレスが出回ることはありません。

なので、キャリアメール=信頼性があるという認識の人も多い傾向にあります。

その事実として筆者自身、よく重要な契約のときは「連絡先はキャリアメールでお願いします」と言われた経験も何度かあります。

事情を話せば、フリーメールでも良いと承諾してくれますが、やはり重要な契約時は信頼性があるキャリアメールが使われる機会も多いのではないでしょうか。

以上の理由から、人によって分かれるがキャリアメールは信頼性がある、と言えるでしょう。

迷惑メールになりにくい

キャリアメールを使うメリット2つ目は、迷惑メールになりにくいことです。

なぜなら、キャリアメールが主流だったころはキャリアメール以外のメールアドレスはほぼ迷惑メール扱いされていたからです。

キャリアメールが主流になっていたころは、迷惑メールがほとんどキャリアのメールアドレス以外から送られてくることが多かったそうです。

そのため、キャリアメール以外は受信しない、というフィルターをかけている人も数多く存在します。

その結果、キャリアメールは迷惑メール扱いされにくい、という特徴があるのです。

以上の理由から、キャリアメールは迷惑メール扱いされにくく、相手に届きやすいというメリットがあると言えるでしょう。

格安スマホでキャリアメールが使えなくなる2つのデメリット

次はキャリアメールが使えなくなる3つのデメリットを説明していきます。

一部のサービスが利用できない

キャリアメールが使えなくなるデメリットの1つ目は、一部のサービスが使えなくなることです。

例えば、保険の加入や銀行口座の開設、ポイントサイトへの登録などが挙げられます。

やはり、インターネット上で契約を結ぶためどうしても顔が見えない取引になってしまいます。

そのため、信頼性があり迷惑メール扱いされにくいキャリアメールでの登録をお願いされることもあるのではないか、と考えられます。

ただ、保険を扱っている会社も増え、銀行口座が開設できる場所も昔に比べて増えました。

そのため、特別その会社でなければいけないという理由がなければ、特にキャリアメールが使えなくても不便なく望んでいるサービスを受けられるのではないかな、と思います。

以上をまとめると、キャリアメールが使えないと一部のサービスが利用できなくなる可能性があるが、他の会社で代用できると言えるでしょう。

ガラケーを使っている人にメールが届かない可能性がある

キャリアメールが使えなくなるデメリットの2つ目は、ガラケーを使っている人にメールが届かない可能性があることです。

なぜなら、メリットでも少し触れましたが初期設定でフリーメールの受信を拒否している可能性があるからです。

基本的にガラケーは通話とメール、SMSで連絡を取り合うのが一般的です。

そのため、迷惑メールを届かないように設定している人はかなり多いと考えられます。

その結果、フリーメールを使ってガラケーを使っている人にメールを送っても迷惑メール扱いされる可能性が高いのです。

 

なので、ガラケーを使っている人にメールを送りたい場合は、基本的にキャリアメールかSMSで送るしかありません。

しかし、筆者の祖父や祖母はガラケーを使っていますが、基本的に電話で要件を伝えたりSMSで会話をしたりできるので、特にキャリアメールが使えなくても不便に思ったことはありませんよ。

なぜ格安スマホでキャリアメールが使えないデメリットがあるのか

ではそもそも、なぜ大手キャリアではキャリアメールが使えて、格安SIMではキャリアメールが使えないのでしょうか。

基本的に、格安SIMの特徴は月々のスマホ料金を安くできることです。

しかし、大手キャリアと同じようなサービスや通信設備などを揃えていては、私たち消費者にスマホの料金を安くして提供することができません。

ではどうするかというと、なるべく不要なサービスや設備などを削減しているのです。

インターネットが発展してきた現代では、キャリアメールを初めキャリア払いなど不要なものはたくさんできてきます。

格安SIMは、時代の流れに合わせて不要なものをカットすることで月々のスマホ料金を下げています。

その結果、格安スマホ(SIM)ではキャリアメールが使えないところが多いのです。

格安スマホでメールが使えないデメリットの対策方法とは

次に、格安スマホ(SIM)でキャリアメールが使えないデメリットの対策方法を紹介していきます。

フリーメールを使う

対策方法の1つ目は、フリーメールを使うことです。

フリーメールとはgmail.comやyahoo.co.jp などを言います。

以前はフリーメール=迷惑メールという認識が多かったそうですが、現在は認知度も上がってきていることで一般的にも利用されています。

実際に、筆者も取引先や契約時にフリーメールを記入していますが、特に支障をきたしたことはありません。

以上の理由からキャリアメールが使えないときの対策方法1つ目は、フリーメールを使うことだと言えるでしょう。

LINEを使う

対策方法2つ目は、LINEを使うことです。

LINEとは無料でテキストメッセージや通話ができるアプリです。

現在はLINEの普及率が約8割を超えていることから多くの人が使っています。

現在連絡を取る手段としたら、LINEが主流になってきているのではないでしょうか。

最近はLINEを通じて企業にお問い合わせができたり、LINEで業務連絡を送ったりする会社もありますね。

以上の理由から、キャリアメールが使えないときの対策方法2つ目は、ラインを使うことだと言えるでしょう。

SMSを使う

対策法補3つ目は、SMSを使うことです。

SMSではショートメッセージのことで相手の電話番号を知っていれば、メッセージを送ることができます。

文字数に制限はあるものの、スマホからガラケーを使っている人まで幅広い人にメッセージを送れるため、便利な機能です。

実際に、筆者も祖父や祖母とはSMSを通じて連絡を取り合っているので、相手がLINEやフリーメールの受信を拒否していても、問題なくメッセージを送ることができています。

以上の理由から、キャリアメールが使えないときの対策方法3つ目は、SMSをつかうことだと言えるでしょう。

デメリット解決!格安スマホでもキャリアメールが使える会社2選

この段落では、格安スマホ(SIM)でもキャリアメールのように使える会社を紹介していきます。

厳密にいうと細かい違いがありキャリアメールではないのですが、各会社が独自のメールアドレスを発行しているためキャリアメールのように使うことができます。

独自のメールアドレスを発行していておすすめできる会社はUQモバイルとY!mobileの2社です。

引用元:UQモバイル公式サイト

UQモバイル Y!mobile
おすすめな理由 @uqmobile.jpが使える

おしゃべりプランの場合、1回5分以内の通話は何度でも無料

ぴったりプランの場合、最大月180分の通話が無料に。

@ymobile.ne.jpが使える

何度でも1回10分まで通話は無料、というサービスが標準で備わっている。

オプションに加入することで「時間無制限のかけ放題」が利用可能に。

データ通信量 3~21GB 3~21GB
月額基本料金 ¥1,980~4,980 \1,980~3,980

UQモバイルの場合は「@uqmobile.jp」、Y!mobileの場合は「@ymobile.ne.jp」というメールを使えます。

もちろん、mineoやスマモブなど他にも独自にメールアドレスを発行している会社はたくさんあります。

ただ、筆者自身UQモバイルとY!mobile以外は利用したことがなく使い勝手も分からないため、おすすめはしません。

引用元:Y!mobile公式サイト

ちなみにUQモバイルは通信速度が速く、料金プランが安くシンプルなのが特徴で筆者も愛用している格安スマホ(SIM)です。そのため、自信をもっておすすめできます。

Y!mobileは友人が使っているのですが、3年連続スマホ満足度NO.1を取ったり全国に約4,000万店舗があるため、困ったときのサポート面も安心して使えるのが特徴です。

では、この段落をまとめるとキャリアメールのようなものを発行していて筆者が特におすすめできるのは、UQモバイルとY!mobileの2社と言えます。

↓格安スマホ(SIM)愛用者がおすすめする2社をチェックしてみる↓

Y!mobileUQモバイル

格安スマホでキャリアメールが使えなくてもデメリットはない!

格安スマホ(SIM)にするとキャリアメールが使えなくなるデメリットがありますが、基本的にキャリアメールが使えなくても困ることはありません。

LINEやフリーメールなどが普及してきているので、キャリアメールの代用がたくさんあります。

もしも、キャリアメールのようなものを使いたい、という人はUQモバイルかY!mobileを選ぶと悩みが解決するでしょう。

格安SIMでLINEを使う2つのデメリットを徹底暴露!対策方法は6つ!?こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。 今回は【格安SIMでLINEを使う2つのデメリットを徹底暴露!対策方法は6...
あわせて読みたい