格安SIMハウツー

格安SIMにクーリングオフは適用されない!?契約解除は8日以内が原則!

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。

今回は【格安SIMにクーリングオフは適用されない!?契約解除は8日以内がポイント!】をテーマにお話ししていきます。

もしかしたらあなたは、格安SIMを買ったけど満足しないから返品したい、そもそも格安SIMってクーリングオフできるの?と思ったことはありませんか?

結論から申し上げますと、格安SIMではクーリングオフができません。しかし、クーリングオフに似た制度を利用することでしっかりと対策ができます。

それでは、どの制度を使えば対策をできるかを含めながら、条件や注意点なども説明していきますね。

クーリングオフ制度とは

まずはクーリングオフ制度の概要から説明していきます。

クーリングオフ制度とは、一定期間内であれば無条件に契約の解除ができる制度です。

基本的に、何か契約をしたらこちらから一方的な理由で契約を解除することができません。

ただ、中には怪しい儲け話や怪しい契約を一方的に突き付けられたため、怖くなり契約してしまったという場合もあります。

しかし、少し時間をおいて考えてみたらやっぱり契約を解除したい、と思うこともあるでしょう。

以上のような不利な契約から守るために、クーリングオフ制度が設けられています。

それでは、格安SIMはクーリングオフ制度ができないと言われていますが、どう対策をすればよいのかを次の段落で説明していきます。

格安SIMではクーリングオフができるのか?

格安SIMではクーリングオフができません

しかし「初期契約解除制度」を利用すれば実質クーリングオフと同じような処置ができます

細かい違いはありますが、クーリングオフ制度=初期契約解除制度と覚えていただき、格安SIMではクーリングオフができる、と認識してもらっても構いません。

そのためみなさんが分かりやすいように、これからの記事内ではクーリングオフ制度(初期契約解除制度)という言葉を使って説明していきます。

一応、細かい違いを表にしてまとめたので、ご覧ください。

クーリングオフ制度 初期契約解除制度
違い ・訪問販売や電話での販売など特定の取引に適用される

・事務所や店頭での契約には適用されない

販売形式に関わらず適用される。

それでは、次の段落でどんな条件のときにクーリングオフが適用されるのか、もしくは適用されないのかを説明していきますね。

格安SIMのクーリングオフができる条件とできない条件とは

クーリングオフ制度が適用となる条件と適用にならない条件を、まとめてみましたのでまずは、下記の表をご覧ください。

クーリングオフ制度(初期契約解除制度)
適用となるなる条件 ・書面受領日を含めて8日以内の解約である場合。

・原因が明らかに格安SIMのほうにある場合。

・説明や表記と異なる場合。

適用とならない条件 最低利用期間なしで契約した場合。

・プリペイドSIM

簡単にまとめると、正当な理由であればクーリングオフ制度が適用されます。

例えば、格安SIMを挿入したが電波が繋がらなかったり、説明された性能・機能と異なったりした場合です。

そして特に注意してほしいのが「最低利用期間がない」格安SIMです。

格安SIMでは、最低利用期間(縛り)がない会社も存在します。

ただ、クーリングオフ制度は最低利用期間がある格安SIMに限って適用されます。

特殊な条件だけは「最低利用期間があるかどうか」だけなので、頭の片隅にでも入れて抑えておきましょう。

格安SIMのクーリングオフをするときの注意点は3つ!

この段落ではクーリングオフをするときの注意点を紹介していきます。

クーリングオフをしても負担する費用がある

注意点1つ目は、負担する費用もあることです。

クーリングオフ制度は契約を解除することができる制度であり、返金してくれる制度ではありません。

そのため、解約するまでにかかった通信費や契約時の事務手数料は基本的に帰ってきません。

ごくまれに返金してくれる会社もありますが、基本的には期待しないほうが望ましいでしょう。

以上の理由から、注意点1つ目は負担する費用があること、といえます。

スマホはクーリンオフ不可

注意点2つ目は、スマホはクーリングオフできないことです。

2019年現在、クーリングオフできるのは格安SIMのみとなっています。

そのため、1つ前の段落と繋がりますが、スマホの料金も返金されません。

なので、スマホと格安SIMをセットで購入した場合は注意しましょう。

以上の理由から、注意点の2つ目はスマホはクーリングオフできないこと、といえます。

8日以内に手続きを行う必要がある

注意点の3つ目は、8日以内に手続きを行う必要があることです。

8日以内とは、書面受領日を含めて8日以内ということです。

これは、クーリングオフ制度にも共通していますね。

基本的に、8日を過ぎてしまったら何があってもクーリングオフ制度は適用されません。

そのため、日にちの制限があることは覚えておきましょう。

以上の理由から3つ目の注意点は、8日以内に手続きを行う必要があること、といえます。

格安SIMをクーリングオフするときの流れとは

クーリングオフの流れは主に1ステップで完了します。

基本的には書面での申し出、またはホームページからの申し出を行うだけです。

それほど、難しくないのでもしもクーリングオフをするか悩んでいる場合は、参考にしてみてください。

ただ、契約時の書面受領時を含めて8日以内に行う必要があるので、その点は注意してくださいね。

格安SIMはクーリングオフと同じ初期契約解除制度が適用される!

格安SIMでも初期契約解除制度を活用すれば、クーリングオフと同じように契約を解除することができます。

ただし、何でもかんでも受け付けてくれるわけではないので、初期契約解除制度が適用される条件を参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい