格安SIMハウツー

格安SIMの通信エリアは凄く狭いってウソ!?田舎の方が快適に使える!?

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのこうだいです。

今回は【格安SIMの通信エリアは凄く狭いってウソ!?田舎の方が快適に使える!?】をテーマにお話ししていきます。

もしかしたらあなたは、格安SIMって大手キャリアよりも通信エリアが狭いんでしょ?田舎は繋がりにくいんでしょ?と思ったことはありませんか?

実は大手キャリアと通信エリアは変わらないし、田舎のほうが快適に使える場合もあるのです。

それでは、99%の人口カバー率を誇っていてほぼどこでも通信できると言っても過言ではない格安SIMを紹介しつつ、なぜ田舎の方が快適に使えるのかなどを徹底解説していきます。

格安SIMの通信可能エリアは大手キャリアと同じ

格安SIMの通信可能エリアは基本的に大手キャリアと同じです。

なぜなら、格安SIMは大手キャリアから一部通信設備を借りて私たち利用者にサービスを提供しているからです。

そのため、大手キャリアのドコモ回線はA地域でつながるのに、格安SIMのドコモ回線はA地域では繋がらない、といった出来事は基本的に起こりません。

それでも、通信エリアが心配という人はUQモバイルを利用すると良いでしょう。

auの4GLTE回線を使っていて人口カバー率99%超を誇っています。

そのため、ほぼ全国で安心して繋がるといってもよいでしょう。

しかし、同じ回線を使っている格安SIMの中で通信速度に差が出てきます。

なぜ同じ回線を利用しているのに通信速度に差が出るのでしょうか。その理由を次の段落で説明していきます。

通信エリアは同じなのになぜ通信速度に違いが出るのか?

同じ回線を使っているのに、通信速度に差が出る大きな理由は格安SIM提供事業者(MVNO)がどれだけ設備にお金をかけているか、異なるからです。

例えば、同じドコモ回線を使っているA社とB社があったとしましょう。

どちらも利用者は100人です。そこで、通信設備に投資をして200人が問題なく利用できるように通信設備を強化しました。

しかしB社は通信設備を強化せず、50人までなら快適に使える通信設備のままです。

A社は100/200人で余裕がありますが、B社は100/50人のユーザーがいて余裕がありませんよね。

その結果、B社は回線が混み合ってしまって1人1人の通信速度が遅くなってしまったのです。

以上のように、同じ回線を使っていても各会社がどれだけ通信設備に投資しているかによって、通信速度は変わってくるのです。

そうなると、都会より田舎のほうが格安SIMは使いやすいのでは?と考えられますよね。

しかし、田舎では格安SIMが使いにくいとも言われていますね。真実はどっちなのか、次の段落で説明していきますね。

エリアは田舎のほうが格安SIMを快適に使える可能性が高い!

実は格安SIMは都会よりも田舎のほうが使いやすい傾向にあるのです。

なぜなら、人が密集していないため、電波が混み合わないからです。

筆者は宮城県の仙台市と気仙沼市に家があります。

そのため、都会と田舎の格安SIMの使い勝手がある程度把握できています。実際、田舎の気仙沼市のほうが繋がりやすい傾向にありました。

都会 田舎
繋がりやすさ

・人が多く電波が混雑しやすいから。

・人が少ないため電波が混雑しにくいから。

例えば、ゲームアプリで仙台では回線が落ちて使えない場合もありましたが、田舎の気仙沼では回線が落ちることが滅多にありませんでした。

そのため、実は都会で格安SIMを使うより田舎で使う人のほうが意外と通信速度が速くて有利だったりします。

しかし、田舎では繋がりにくい場合もあるのです。

なぜなら、山間部にいけばいくほど電波が弱くなってしまうからです。

これが田舎では格安SIMが使えない、と言われる大きな原因です。

では、その場合どのようにしたら良いのでしょうか。次の段落で2つの対策方法をせつめいしていきますね。

格安SIMの電波が不安定なエリアにいった場合の対策方法!

通信が不安定な場所で格安SIMを使う場合は、Wi-Fiを利用するようにしましょう。

例えば、無料で使える公共無線のWi-Fiを利用したりモバイルWi-Fiを利用したりするのです。

モバイルWi-Fiでも最近は月額2,000~3,000円で使えるものも増えてきたので気軽に使えます。もしくは、家に固定Wi-Fiを置くようにしましょう。

Wi-Fiなし Wi-Fiあり
効果 電波が繋がりにくい… 繋がりやすくなる!

筆者は固定Wi-FiとモバイルWi-Fiを併用しています。

このようにWi-Fiを使うことで、たとえ通信が不安定な場所であっても比較的快適に格安SIMを使うことができます。

基本的に大手キャリアでも格安SIMでも山間部付近では繋がりにくくなります。

しかし、対策を行えば通信速度が気にならないくらい、快適になるので通信速度で困っている場合は対策をしましょう。

格安SIMの通信エリア以外にも確認しておきたいこと

最後に格安SIMを使う場合に、通信エリア以外にも確認しておきたい2つのことを紹介します。

古いスマや海外メーカーのスマホを使っていないか確認しよう

1つ目は今使っている、もしくは今から使おうとしているスマホ端末は古くないか、海外メーカーではないか、を確認するようにしましょう。

なぜなら、古いスマホあるいは、海外メーカーのスマホは現在の電波に対応できないものが多いからです。

電波に対応できないと、上手く電波の受信ができないので圏外になりやすいのです。

そのため、すでに格安SIMを使っていて電波がうまくつながらない、という人は端末が古くないか海外のメーカーではないか、一度確認してみましょう。

そして、今から新しい端末を買おうと思っている人は、極端に古いスマホを買わないようにしましょう。

たしかに、古いスマホは値段が安くてお得ですが、機能面では劣る可能性が高いです。

以上の理由から、なるべく古いスマホ・海外メーカーのスマホは使わない方が望ましいでしょう。

周波数を確認しよう

確認点2つ目は、周波数を確認することです。周波数とはGHz(ギガヘルツ)と呼ばれるものを指します。

実は、スマホ端末によっても最適なギガヘルツが異なってくるのです。

そのため、最適なギガヘルツで通信できないと通信速度が遅くなる、もしくは通信ができないという場合もあるのです。

一般的にはBand1の2.0GHzあれば問題なく使えると言われています。

もしも、山間部での利用をメインにするなら800GHzあると安心といえるでしょう。

格安SIMだけ繋がらないエリアは存在しない!

格安SIMの通信エリアは大手キャリアと同じ、ということを中心にお伝えしてきました。

格安SIMは繋がりづらいといわれることもありますが、全くの誤解なので心配いりませんよ。

たとえ、繋がりづらくてもWi-Fiを使うことで対策ができるのさらに心配する必要はありません。

あわせて読みたい